個人年金保険

個人年金保険とは?終身や変額の紹介とメリットデメリット

個人年金保険とは?終身や変額の紹介とメリットデメリット

この記事を読まれている方は、個人年金保険への加入を検討されている方なのではないでしょうか。

国民年金に対する不安がありつつも、まだ切迫した状況ではなく、なんとなく情報を検索されているのではないでしょうか。

記事ないでは、個人年金保険についてと、メリットとデメリットをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

個人年金保険とは

個人年金保険とは?終身や変額の紹介とメリットデメリット-アイキャッチ

個人年金保険とは、毎月保険料を保険契約時に決めた年齢まで積み立てていき、決めた年齢になった際そこから一定期間あるいは生涯にわたって年金という形で給付金を受け取れる保険のことです。

定年退職をしてから、65歳の公的年金受給年齢までの繋ぎとして利用される方や、老後の生活をより豊かに過ごすことを目的に加入される方が多い保険商品です。

個人年金保険の種類について

個人年金保険の種類をご紹介します。

終身年金タイプ

終身年金タイプは、被保険者が亡くなるまで年金を受け取ることが可能で、存命の間は給付金を受け取り続けることができますが、逆に受給後早期に亡くなった場合は元本割れしてしまいます。

確定年金タイプ

確定年金タイプは、被保険者の生死を問わず、契約時に決めた期間内は年金を受け取れる保険で、年金受給期間内であれば被保険者が亡くなった後でも、遺族年金が給付されますので元本割れも起こりません。

変額年金タイプ

変額年金タイプは、運用実績によって将来受け取る年金額が変動してしまうタイプで将来のインフレリスクに備えた保険です。

しかし、変額年金タイプは、将来の年金給付金額が確定しておらず、保険料の運用実績によって受け取れる年金が増減しますので、年金額が増減する可能性があります。

全てのリスクを契約者が負うことになりますのでご注意ください。

外貨建て年金タイプ

外貨建て年金タイプは、米ドルやユーロといった外貨を活用して運営する個人年金保険です。

海外の経済状態や為替相場によって変動しますので、ハイリスクですが、好景気な時代に受給できればハイリターンが期待できますが、全てのリスクを契約者が負うことになりますのでご注意ください。

個人年金保険のメリット

個人年金保険のメリットをご紹介します。

老後に備えて貯蓄可能

個人年金保険のメリットは、老後に備えて貯蓄をすることが可能な点です。

個人年金保険は、銀行位預金のように一時的にお金を引き出すといった対応をしていません。
そのため、解約をしない限り確実に毎月貯蓄をし老後に備えることが可能ですので、貯蓄が苦手な方におすすめです。

所得控除を受けられる場合がある

個人年金保険のメリットは、契約内容によっては個人年金保険料控除を受けられる場合があるという点です。

個人年金保険の保険料払込金額に応じて、所得税と住民税の負担軽減させられますので、よりお得に老後資金を貯めることが可能です。

個人年金保険のデメリット

個人年金保険のデメリットをご紹介します。

途中解約は元本割れしてしまう

個人年金保険のデメリットは、途中で解約すると元本割れをしてしまうというところです。

解約返戻金とは、保険契約を途中で解約した場合に、それまで支払った保険料が返金される仕組みですので、途中解約しなければ問題ないのですが、10年以上の長期間保険料を支払う中で、経済状況やライフステージが変化する可能性もありますので、ご注意ください。

確定と終身意外はリスクのある商品

個人年金保険のデメリットは、確定と終身意外はリスクのある商品だということです。

個人年金保険のタイプにはいくつかあり、確定タイプと終身タイプは、ほぼ被保険者が損をすることがありませんが、外貨建てタイプと変額タイプは、将来受け取れる年金が増える可能性もありますが、大きく減額してしまう可能性があります。

安定した金額の年金を受け取りたいのか、一発博打をして将来困ったことにならないようにするか加入時にしっかり考えるようにしましょう。

関連記事のご紹介

保険HAPPY内で個人年金保険に関連する記事をご紹介します。

個人年金保険に関する記事

  • この記事を書いた人

保険ハッピー

保険を100%理解するのは難しいのですが、分かりやすくHappyになってもらうよう良い保険情報を伝えます!

-個人年金保険

© 2020 保険HAPPY