自転車保険

自転車保険で無制限の賠償責任補償!おすすめ保険商品4選

自転車の事故は後を絶たないと言いますが、もし自転車で事故を起こしてしまったとしたら、高額な賠償支払いをすることもあり得ます。

そんな事故の補償をしてくれるのが自転車保険!

しかも、賠償責任が無制限に補償される自転車保険なんて商品もあることが分かりました。

ここでは、自転車保険の無制限について詳しくご紹介いたします。

何が無制限?

何が無制限

「補償が無制限」と言われて、すぐにおわかりでしょうか。

一般的に自転車保険は大きく分けて以下の2つの補償があります。

  • 自分のケガの補償
  • 相手のケガや物の破壊への補償

相手へのケガや物を破壊した場合の賠償の補償の事を「個人賠償責任補償」と言い、特に「自転車で他人にケガをさせてしまった」事故の場合、高額な賠償支払いになるケースが多く、過去の裁判では約9,500万円もの支払判決があったことは記憶に新しいかもしれません。

自転車保険を扱う保険会社のほとんどが、1億から3億の「個人賠償責任補償」が付帯されています。

したがって、補償が無制限とは「個人賠償責任補償」が無制限で付帯している事を表しているのです。

俘虜の多重事故によって複数人への賠償となった場合、例えば3億円以上の高額賠償であったとしても無制限であればカバーできますので安心できるとも言えます。

自転車保険に加入を検討する前に

自転車保険で一番に考えることは「相手への賠償責任」であり、言ってみれば高額な賠償金の支払いを補償するのが自転車保険であると言えます。

被害者救済のための保険を「個人賠償責任保険」や「日常生活賠償責任保険」と言われ、日常生活にかかわる偶然な事故により、他人にケガをさせたり他人の物を破損してしまったりと、法律上の賠償責任が発生した場合に補償される保険を指します。

そんな個人賠償責任保険、日常生活賠償責任保険は、現在加入しているであろう他の保険に賠償責任保険がセットされている場合があるのです。

自転車保険が義務化だから、この自転車保険は無制限に補償されるからと言って、自転車保険に入ったら、すでに個人賠償責任保険に入っているなんてことがあり得ます。

自転車保険の加入を検討する前に、まず自動車保険や火災保険等のオプションで賠償責任保険が付帯されているか、さらに付帯されている場合には賠償金額がいくらぐらいになっているかの確認してみましょう。

個人賠償責任保険が付帯できるであろう保険は以下になります。

保険種類 保険の概要
自転車向け保険 自転車事故に備えた保険
自動車保険の特約 自動車保険の特約で付帯した保険
火災保険の特約 火災保険の特約で付帯した保険
傷害保険の特約 傷害保険の特約で付帯した保険
会社等の団体保険 団体の構成員向けの保険
PTAの保険 PTAや学校が窓口となる保険
共済 全労済、市民共済など
TSマーク付帯保険 自転車安全整備店で自転車の点検整備を受けると車体に付帯される保険
クレジットカードの付帯保険 クレジットカードに付帯した保険

無制限で補償される自転車保険を紹介

「個人賠償責任補償」が無制限で付帯している自転車保険をご紹介いたします。

ローソン自転車保険

ローソン自転車保険

出典:https://www.lawson.co.jp/service/hoken_s/hoken_bicycle/

皆さんのお近くにある、コンビニ「ローソン」で入れる、自転車保険です。

個人賠償責任の保険金額は「無制限」で補償され、ローソンにあるLoppiで、24時間365日いつでも申込みが可能です。

「お手軽プラン」と「充実プラン」の2種類のプランから選択をすることになります。

本人型でも、個人賠償責任補償は家族全員が補償対象になるのが特徴です。

保険の詳細は以下になります。(※年間保険料は一時払いを記載)

補償内容 お手軽プラン 充実プラン
個人賠償責任 無制限 無制限
死亡・後遺障害 100万円 400万円
入院保険金日額 1,500円 4,000円
手術保険金 入院中 15,000円 40,000円
手術保険金 入院中以外 7,500円 20,000円
示談交渉サービス あり あり
年間保険料(本人型) 2,820円 4,770円
年間保険料(夫婦型) 3,340円 6,580円
年間保険料(家族型) 4,160円 9,410円

eサイクル保険 価格.com専用プラン

eサイクル保険

出典:https://e-tmnf.tokiomarine-nichido.co.jp/PN01/dfw/PN01/ZS3101_WC/main2#__ZS_hash

東京海上日動が価格.com専用プランとして発売している「eサイクル保険」になります。

Aプラン、Bプラン、Cプランと補償額の違いによって、年間保険料に差があります。

価格.comからの経由をしないと無制限の補償になりませんので、ご注意ください。

保険の詳細は以下になります。(※年間保険料は一時払いを記載)

補償内容 Aプラン Bプラン Cプラン
個人賠償責任 無制限(国外:1憶円) 無制限(国外:1憶円) 無制限(国外:1憶円)
死亡・後遺障害 500万円 300万円 100万円
入院日額 5,000円 3,000円 -
通院日額 1,000円 - -
手術保険金 30,000円 30,000円 -
示談交渉サービス あり あり あり
年間保険料(本人型) 6,420円 4,080円 2,440円
年間保険料(夫婦型) 9,270円 5,440円 2,760円
年間保険料(家族型) 13,540円 7,570円 3,260円

eサイクル保険 イオン保険サービス

イオン保険サービス

出典:https://www.hokenmarket.net/member/tmnf_plan.html

東京海上日動がイオン保険サービス専用として発売している「eサイクル保険」になります。

Aプラン、Bプラン、Cプランと補償額の違いによって、年間保険料に差があります。

イオン保険サービスからの経由をしない、もしくはCプランを選択すると無制限の補償はありませんので、ご注意ください。

保険の詳細は以下になります。(※年間保険料は一時払いを記載)

補償内容 Aプラン Bプラン Cプラン
個人賠償責任 無制限(国外:1憶円) 無制限(国外:1憶円) -
死亡・後遺障害 500万円 300万円 300万円
入院日額 5,000円 3,000円 3,000円
示談交渉サービス あり あり あり
年間保険料(本人型) 5,480円 4,080円 2,080円
年間保険料(夫婦型) 7,750円 5,440円 3,440円
年間保険料(家族型) 11,300円 7,570円 5,570円

まるごとマモル

まるごとマモル

出典:https://www.nissay.co.jp/kojin/shohin/sompo/pdf/kojin_mamechishiki.pdf

「日本生命保険相互会社」と「あいおいニッセイ同和損害保険株式会社」の共同開発商品が「まるごとマモル」という保険商品になります。

何といってもこの保険商品は「自転車保険+α」と考えておくと良いと思います。

個人賠償責任の保険金額は「無制限」で補償されますし、自転車保険では珍しい、別居の父母の賠償補償まで補償してくれるというものです。

基本プランしか選択できませんが、携行品プランやゴルフプランなどのオプションプランがあります。

保険の詳細は以下になります。(※年間保険料は一時払いを記載)

補償内容 基本プラン
個人賠償責任 無制限(日本国外:3億円)
死亡保険金 10万円
年間保険料 1,990円

関連記事のご紹介

保険HAPPY内で自転車保険に関連する記事をご紹介します。

自転車保険に関する記事

自転車保険に加入する際に知っておきたい知識に関する記事

  • この記事を書いた人

保険ハッピー

保険を100%理解するのは難しいのですが、分かりやすくHappyになってもらうよう良い保険情報を伝えます!

-自転車保険

© 2020 保険HAPPY